FC2ブログ

2009年12月3日(木)雨

先日、長男・チョビの話をしましたが、今日は次男・ロンのエピソードを・・・


現在、ロンは10歳の♂のラブラドールです。
lr.jpg
今日はシャンプーしました


性格は、とても温厚でマイペース。ロンと居ると心が穏やかになり、最高の癒し効果


前回、彼は生まれながら眼の疾患がある事を言いましたが、元々は、お客様にご家族の一員として迎え入れてもらう為にお店に入舎して来た子犬。
入舎間もなく、飼い主さんになるべくご家族が決まったのですが、その矢先に眼の異常を感じ、獣医のもとへ。
結果をお客様にお伝えし、彼を家族として迎え入れるかどうか考えて頂いたのですが、初めて犬を飼うご家族だった事もあり「断念します」と言う返答。
当然だと思います。普通に飼うだけでも不安は少なからずある中、眼に疾患のある犬となると難しいですよね・・・


こうなると、彼をどうするか?って問題。普通ならブリーダーに戻すのですが、当時、彼をブリーダーに戻したくない気持ちになってしまっている私はMr.K(社長)に相談。

Mr.Kは、彼に対する同情だけや、ハンパな気持ちでは飼うのは無理だ!と言う返答。


たくさん考えました・・・。でも、私の手で育てたいという想いは消えず、そんな私にMr.Kは、快く承諾してくれました



その後、彼を躾したのは長男・チョビですが・・・笑
兄弟のようにホントに仲良しでした彼の傍をチョビが離れず、まるで眼の役割をしている様に私には映りました。
眼の見えないことでの難しさは、数え切れない程ありましたが、それ以上に彼から与えて貰えたものは、彼だからこそ感じることが出来るのだと思います。

チョビがいなくなった後、今も少し淋しそうな表情を見せる彼に、胸が詰まる事もありますが、現在、元気にのんびりとシニアライフを送っている彼がいます
スポンサーサイト



by ネバーランド店長  at 19:49 |  日記 |  comment (0)  |   |  page top ↑
D&Cサポート
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

ネバーランド店長

Author:ネバーランド店長
FC2ブログへようこそ!